結果オーライな転職

ビジネス業界では、転職が珍しくなくなってきた。特に情報技術などの分野では、転職が頻繁に行われている。しかし、各業界によって、転職に対する意識は異なる。情報技術の業界では歓迎される転職も、人と接することの多い分野であると印象はよくない。そこで気になるのが、介護の業界でジョブホッパーは評価されるかという点である。介護の分野での転職理由としては、家庭の事情の他、人間関係や体力面の問題で職場を変えるといった場合もある。また純粋に、スキルアップも理由の一つである。ケアスタッフを探している採用側としては、できるだけ長く働いてもらいたいという思いがある。そのため、すぐに転職してしまう人への印象は必ずしも良好でない。

それでも転職の内容次第では、求人の採用につなげられる。資格を多く取得し、仕事の経験が豊富な人物なら、ジョブホッパーでも有能な人材として高く評価される。資格取得と合わせて転職することで、実力が認めてもらいやすい。単に転職を繰り返すだけでは、評価が悪くなるだけである。実力を示せる手掛かりを掴むと、むしろ経験豊富な戦力として評価が高まる。介護の分野でも、転職は必ずしも悪い結果をもたらすものではない。賢く転職し、高度な内容の仕事ができるスタッフとして着実にキャリアを高めていく心掛けが大切となる。転職について、簡単に考える人は業界でよく見かけられる。もし転職するのであれば、中長期の見通しを立て計画的に行う必要がある。転職をプラスの経験に変える方法を教えてくれる、こちらのサイト<http://tenshokunotakami.com>をおすすめしたい。

2018年12月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
アーカイブ