面接官の心に響く話

最近になってジョブホッパーという言葉が世の中に定着してきている。要するに短期間のうちに転職を何度も何度も繰り返してしまう人のことを言う。これでは転職活動で面接を受けにいっても、面接官の印象はよくないのが現実だ。もちろん、ジョブホッパーにならないよう、一生働くことができるところに就職するのが良い。しかし、ジョブホッパーの特徴は転職にそれほど重きをおいておらず、何となく転職をしていたら職を転々とする結果になったという人は多いのだ。これは転職をする人のもう一つのタイプであるキャリアビルダーとは大きく違う。

とにかく転職活動中の面接で面接官から転職が多い人だと思われてしまったら、なかなかきちんと採用してくれるところを見つけるのは難しい。よって、そうなる前に一生仕事ができる環境を見つけることが重要なのだ。また、すでに転職を繰り返している人は、どうすればよいのか作戦を練る必要がある。その人は、今後の計画や転職理由を面接官の心に響くように話すことだ。これができれば、面接官の態度も変わってくるだろう。さて、近年では転職することが当たり前の時代になっている。よって、転職が悪いというイメージは減ってきている。このような状態なので転職をしてレベルアップしていくことは良い。何度も転職を繰り返してしまっている人は、おすすめとなるのが介護の仕事だ。人との絆を感じられる、やり甲斐のある仕事なので、コミュニケーションに自信があるなら、長続きすること間違いなしだ。

2018年12月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
アーカイブ